三国志ラボ » コミック1-30巻のあらすじと感想 »

30巻「周瑜と竜鳳」のあらすじと感想

30巻「周瑜と竜鳳」のあらすじと感想

スポンサード リンク

Pocket

孔明の読み

○あらすじ
逃げる劉備を追う周瑜たち。劉備は孔明の助言により、船を降り陸路を取る。

下船して追う周瑜たちだが、そこには関羽、黄忠、魏延が待ち構えていた。

○感想
当然孔明なら、そこまで準備しているでしょう。やはり周瑜は彼にはかないません。


銅雀台

劉備を許せない孫権は荊州を攻めると言い出すが、張昭が諌める。張昭は、呉と劉備が争えば魏を利するだけだと見抜き、怒りをこらえて劉備と和するように進言する。

そこで、華歆(かきん)が都への使者に命じられた。

さすが張昭、よく事態を把握しています。魏は天下の三分の二を握っていますから、その魏と劉備が握ることがあれば、呉は終わりだというわけです。

今回は銅雀台(どうじゃくだい)で詩を作る曹操を見ることができます。

スポンサード リンク


荊州往来

周瑜は孫権に忠実であろうとすれば朝命を裏切り、朝命に忠実であろうとすれば孫権の一族となった劉備を裏切ることになる、と苦衷を孫権に伝える。

これには孫権も困るが、魯粛が荊州に行き、もう一度談判してくるという。

魯粛に会って泣き出す劉備、なかなかの演技です。考えてみれば劉備もいろいろと危ない所をくぐり抜けていますから、演技力も身に付いているでしょう。曹操と仲良くしていた時に雷を恐れたりとか。


周瑜の最期

周瑜たちは荊州に乗り込んだ。しかし、荊州城は白旗がなびき、誰もいる気配がない。おかしいと思い様子を見に行く周瑜たちだが、城に姿を現したのは趙雲の一軍だった。

趙雲は、孔明は周瑜の子供だましの策などとうにお見通しであることを告げ、矢で追い払う。

こういってはなんですが、周瑜は自分の策にうぬぼれて、その策を孔明が見破った場合にはどうする、という考えが足りないようです。諸葛孔明の著書(ただしおそらく偽書だそうです)の「便宜十六策」にも、失敗した時のことを考えておけとあるそうです。

↑便宜十六策も紹介されています


将星を見る

周瑜が死に、呉軍は引き上げていった。孔明も彼の死を、星を見て知るのであった。

孔明は、周瑜を弔うために呉に行きたいと申し出る。危険ではないかと劉備は心配するが、孔明にはもう一つ目的があったのだ。

孔明が呉に行ったのには、劉備軍への反感を鎮めるという狙いもあったのでしょう。彼の心のこもった弔辞を聞くと、呉の人々のように孔明が悪いのではなく、周瑜が彼を恐れすぎたからではないか、と思ってしまいます。

スポンサード リンク


鳳雛去る

魯粛は、龐統を孫権に推薦し、孫権は龐統と会ってみる。だが、衣服は汚く、ぶっきらぼうな答えをする彼に孫権はあきれる。

一方、孔明は荊州の視察に出かけていた。龐統は荊州をぶらりと訪れ、劉備に面会する。

孫権ならずとも、あの態度では龐統という人物を疑うのも無理はありません。龐統の名言「飯を食いやがて死ぬでしょう」。これはとても笑える答えです。

ですが、孫権も一時の感情で大器をのがしてしまったわけです。


馬騰と一族

龐統が軍師に加わり、いよいよ曹操にとって荊州は厄介な存在になった。そこで、まずは周瑜のいない呉を討ち、その上で劉備を倒すということになる。

だが、その間警戒しなければならないのは西涼の馬騰(ばとう)である。

思えば馬騰や玄徳が董承たちと血判状を作ってから時間が経ちましたね。

168ページ2コマ目、赤壁のときに馬騰に不穏な動きがあるという噂を流したのは徐庶です。


密告者

黄奎の妻の弟、苗沢(びょうたく)は黄奎の囲い者(妾)である春香といい仲だった。春香と結婚したい苗沢は、いつもと様子が違う黄奎を見て、あることを企む。

とても三国志らしいエピソードです。黄奎は文官なので、こうした恐れがあるということに疎かったのでしょうか。

苗沢という自分のことしか考えない小人が、歴史を変えてしまったのかもしれません。
30巻のネタバレ有りレビュー

Pocket