三国志ラボ » コミック1-30巻のネタバレ有り感想 »

28巻のネタバレ有りレビュー

28巻のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

Pocket

孔明におびき出された刑道栄は、張飛との一騎打ちで簡単に負けてしまいます。しかし、孔明は劉度を生け捕ってくれば重く用いてやるといって、彼を離します。

劉備軍を追って陣を出ていった劉延たちですが、敵兵が少ないことに気づきます。もちろんこれは孔明の策略でした。現れた張飛軍に攻撃され、陣に引き返す刑道栄たちですが、そこにはすでに趙雲がいました。

結局刑道栄は殺され、劉度は降服します。ただ、劉備は劉度をそのままここの太守に置き、劉延は自軍に入れます。

これは寛大な処置ですね。零陵は南の端のほうなので、劉度が仮に反乱しても大丈夫と思ったのか、あるいはそもそも劉度が反乱はしないと思ったのでしょう。

趙範は趙雲に、自分たちは同族であるから、義兄弟になってほしいと頼みます。趙雲は快く応じます。

趙雲は、趙範が兄嫁を宴席にはべらせ、趙雲の妻にしようとしたことを憤ったのです。殴られて怒った趙範は、部下二人を偽って趙雲に投降させます。

夜になったら趙範が夜討ちをかけ、部下二人が趙雲を斬るというみごとな(?)作戦です。

しかし、趙雲はなにか裏があるのに気づいていました。そこで、投降してきた部下を酔い潰させ、兵士たちに企みを白状させるのです。

そして逆に趙範の城に侵入し、彼を捕らえます。

趙雲は劉備に対し、自分があの美女を妻にしたら、権力に着せて無理やりそうしたと思われるだろう。それは劉備の名を汚すと考えたのです。

100ページの趙雲の名言「拙者は武士として名分の立たぬことのほうを恐れます」。それを聞いて、劉備は「真の武士だのう」と感心するのです。

スポンサード リンク


武陵

張飛に戦いを挑む金旋軍ですが、しょせん敵ではありません。しかたなく城に帰ると、キョウ志は城門を開けません。

彼は、民衆と相談して、劉備に降伏することを決めたのです。そして、キョウ志は金旋を射殺し、その首を持って張飛に降ります。

民衆を傷つけないための彼の措置に感銘を受けた劉備は、キョウ志をここの太守に任命します。

三国志では彼のように民のことを考えたり、人道的に正しいことをしようとした人物がかえって命を落すというケースがよくあります。こうした例から人間社会の難しさを学ぶことができます。

ただ、今回は彼が三国志では珍しくまっとうに評価されたので、よかったです。


黄忠

長沙の太守、韓玄は黄忠を向かわせようとしますが、楊齢(ようれい)という武将が黄忠が行くまでもない、と出陣します。

しかし楊齢は簡単に関羽に葬られます。逃げる城兵。そこに中から出てきたのが白い髭を蓄えた黄忠です。黄忠は関羽と一騎打ちを繰り広げますが、馬がつまづいて落下してしまいます。

しかし、関羽は黄忠を斬りませんでした。黄忠は、落ちた自分をあえて斬らなかった関羽を男気のある人物だと思いますが、かといって関羽を倒さなければ韓玄に背くことになると悩みます。

関羽はやはり忠義の士ですね。一騎打ちはそれこそ負ければ自分が死にます。それなのに絶好の機会を道に反すると思って利用しなかったんですね。

そして、関羽のこの美しい生き様が彼の人気の源であるのはいうまでもありません。

スポンサード リンク


魏延の登場

韓玄は、黄忠が矢を放たなかったのを見て、彼が関羽と内通していると疑います。そして黄忠は処刑されることに。

そこに現れたのは将らしき男。彼は黄忠は功臣であり、それを殺そうとする韓玄こそ間違っていると説きます。

そして、悪政を行う韓玄を倒そうと呼びかけ、民衆だけでなく兵士も反乱に加わります。

そして韓玄は首を打たれ、関羽の前に差し出されます。この男は魏延という名前で、もとは劉表に仕えていましたが、荊州没落後に韓玄に仕えたのです。

劉備たちは長沙に入り、謹慎している黄忠に会います。劉備は民が安心して暮らせる世をつくるために協力を求め、黄忠も応じます。

劉備は魏延の功を認め、召抱えようとしますが孔明は反対します。それは、魏延が荊州の将であったのにそこを捨てて韓玄についたからです。

ただ、それでは劉備のために降服したり力を貸してくれる者がいなくなるとして、劉備は魏延を処刑しようとする孔明を止めます。

そこで、孔明は二心を持つな、持った時には自分が命を取るというのでした。


反骨の相

ちなみに吉川三国志では、魏延の骨相に反骨の相があるということも孔明が魏延を処刑しようとした理由になっています。占いを重視していた古代中国ですから、これは有りそうな話です。

この孔明の言葉については、私はいつも違和感を感じてしまいます。魏延が仕える君主を変えたことは事実ですが、曹操に降った荊州に仕え続けるのがよいのかどうか。

ただ、韓玄を殺したということは、彼が暴君だったにせよ確かに主君に牙を向く性質だともいえます。

ひとつ言えるのは、劉備がいうように魏延のような降ってきた将を斬っては、確かに協力してくれる人間が減るということです。それはもちろん孔明もわかっていつつも、魏延の人柄に疑問をいだいたということでしょう。

ちなみに、魏延は蜀の武勇を誇る武将として活躍しますが、最後には裏切ろうとします。三国志演義ではその伏線として、このエピソードが盛り込まれたのかもしれません。

ちなみに史実の魏延は、蜀を裏切る気はなかったと言われています。ただ、三国志演義のように魏延がいつ裏切るかわからない人物と描かれていることで、物語がとても面白くなっています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)