三国志ラボ » コミック31-60巻のあらすじと感想 »

41巻「関羽の不覚」のあらすじと感想

41巻「関羽の不覚」のあらすじと感想

スポンサード リンク

Pocket

死場所

○あらすじ
8月になり、河は雨で増水していた。魏軍は高台に陣を移していた。関羽軍が船や筏(いかだ)を作っていると聞いた成何(せいか)は龐徳に相談する。

○感想
敵の動きをおかしいと思っていた龐徳たちはさすがです。


名医名患者

樊城も関羽の水攻めで水浸しとなったが、それは幸いでもあった。関羽軍が遠くの高地に陣を敷いたからである。

ここを守る曹仁は、城を捨てて退却することを考えるが、それを満寵(まんちょう)が諌める。

満寵の言は説得力がありました。曹仁の愛馬はかわいそうでした。

今回は名医・華佗(かだ)が登場します。華佗は周瑜の傷も治したことがありますが、このときも荒療治でした。

スポンサード リンク


建業評定

樊城が落とされれば、魏の都も危ない。曹操は遷都を考えるが、司馬懿が呉と結んで関羽を攻めることを提案する。

さすが司馬懿、情勢をよく見ています。しかし彼も関羽の備えが万全だとは思わなかったでしょう。


関羽と陸遜

呂蒙は孫権に計略を明かし、陸口(りくこう)の守りとして陸遜を推挙する。

陸遜は就任の挨拶として使者を関羽に送るが、陸遜が無名の将であり、へりくだっているのを見て関羽は油断する。

赤壁の戦いのとき、曹操は少しの油断が命取りになる。先輩もそうだったと語っています。例えば袁紹は、白馬・官渡の戦いで曹操に烏巣を焼き討ちされて滅びました。

関羽も知勇を兼ね備えた類まれなる武将ですが、その彼でも今回は油断してしまいました。それだけ陸遜の策が綿密だったこともあります。

81ページの呂蒙、さすがに陸遜の才能を見抜いています。85ページ、それでも隠密を出すのは関羽の慎重さを感じます。


荊州城陥落

呂蒙は、商人に化けた兵士たちを荊州に入れる。その結果、1番目ののろしはまんまと呉の支配下となってしまった。

呂蒙はのろし台の兵士に、恩賞を約束した上で次ののろし台を説得させて降服させる。

呂蒙はあっぱれな仕事の進め方です。のろしが荊州の守りの要でしたが、のろしをひとつも上げさせずに使い物にならなくしたのです。

スポンサード リンク


にわか雨

呉は悲願であった荊州の獲得を果たした。呂蒙は人心を安定するために、3か条の法律を公布する。

さすがは呂蒙、よく人心掌握術を心得ています。彼は孫権に学問をするように言われて、儒者顔負けの勉強をこなしました。

その彼を以前の無学な男だと思った魯粛が議論をしたところ、彼の博識に驚きます。そこで魯粛は、「また呉下の阿蒙にあらず」と言いました。昔の無学だった呂蒙とは変わったなあ、というわけです。


傅士仁と糜芳

荊州を落としても、まだ傅士仁(ふしじん)と糜芳(びほう)は城を守っている。そこで虞翻(ぐはん)が、幼馴染である傅士仁を投降させようと考える。

うーん、傅士仁も糜芳も相田みつをではないですが「人間だもの」という感じがしますね。たしかに損得で考えれば、投降するほうがよいですから。


大敗北

呉が荊州を落としたと知った魏は、徐晃軍が動く。まずは関平のいるエン城を攻める。

けっこう私は蜀びいきなので、蜀軍がやられてしまうとがっかりしてしまいます。


攻守転倒

徐晃軍に曹操軍も加わり、大軍が関羽の陣に迫った。関羽は出撃するが、樊城から出た曹仁軍に包囲を突破され、関羽軍はかろうじて襄陽に逃げた。

そこで、関羽は荊州が落ちたことを知る。しかたなく馬良と伊籍に成都に行って援軍を頼むように告げる。曹仁は襄陽も落とそうと考えるが、部下がこれ以上の深追いは不要と進言する。

つい先日までは関羽の勝利が続いていたのに、こんなに形勢というものは逆転するのですね。


深慮遠謀

関羽は成都の援軍を待って荊州街道に野営していた。部下が呂蒙とはよしみもあるので同盟できぬか使者を送っては、と進言し、使者が呂蒙に会う。

だが、呂蒙には狙いがあった。

呂蒙はそこまで考えていましたか。
41巻のネタバレ有りレビュー

Pocket