三国志ラボ » コミック31-60巻のあらすじと感想 »

44巻「蜀呉の死闘」のあらすじと感想

44巻「蜀呉の死闘」のあらすじと感想

スポンサード リンク

Pocket

快進撃

○あらすじ
劉備軍の快進撃は続く。韓当と周泰軍が立ちふさがるが、関興と張苞の勢いになす術がない。

○感想
ここまでの蜀の勢いはすごいですね。張苞の素早く繰り出す槍もとても避けられそうにありません。そういえば新選組の沖田総司の繰りだす剣の三段突きは避けられる人がいなかったそうです。まさに必殺の剣です。


仇の片割れ

蜀は大勝したが、関興は陣に帰らず、潘璋を追っていた。関羽を生け捕りにしたのは潘璋だと聞いていたからだ。

しかし夜になり、関興は民家の世話になる。


霊に捧ぐ

関羽を裏切った糜芳(びほう)と傅士仁(ふしじん)は呉にいた。糜芳は部下たちが、自分たちを裏切ろうとしているのを聞いてしまう。

そこで、敵からも味方からも狙われてはかなわないと、ある策を練る。

うーん、これはひどい。糜芳に関して言えば、傅士仁が関羽から酷な命令が来たと騙したので呉に降ったところはあります。しかしそれならそれで、最後まで呉に忠誠を誓ったほうが武士としてはよかったでしょう。

スポンサード リンク


若き総司令官

蜀の戦意に混乱する呉だが、カン沢は呉に天才が生まれているのになぜ彼を用いないのか、という。それは陸遜の事だった。

孫権は呂蒙が陸遜のことを推していたことを思い出し、軍権を陸遜に一任する。

出ました、名将・陸遜。私が三国志の中で好きな武将の中でも五指に入る人物です。ですが、彼は無名の一書生として扱われているので、プライドの高い武将たちに命令を聞かせるのに苦労します。


持久戦

暑さによって兵の士気は下がり、病人も増えていた。そのため蜀軍は仕方なく山林に陣を移す。

ただ、劉備は老兵をしんがりに置き、敵が油断して攻めてくれば伏兵が攻撃するという策を考えていた。

今回の劉備の策はよいです。しかし、これもまた陸遜の想定内でした。


火攻め

魏の曹丕は、劉備軍が呉に向かって水軍で一日百里も進軍していると聞き、劉備は死を急いでいるようなものだと笑う。

孔明は漢中にいた。馬良が劉備の採っている戦術を説明すると、蜀軍は滅びると言う。

孔明ならずとも、ただ嘆くしかありません。もう劉備に何を言う気にもなれません。


石兵八陣

劉備たちを追ってきた陸遜だが、白帝城の手前にある魚腹浦(ぎょくふほ)に異様な妖気を感じていた。

孔明がここを作らせたと聞いた陸遜は、魚腹浦を視察する。

陸遜が好奇心からここを見ようとするのも孔明の予想通りだったのでしょう。また、もし見なくても、異様なものがあれば慎重な陸遜は警戒する、そうなれば時間を稼げ、虚を突いて魏が攻め入るということを計算したのかもしれません。
44巻のネタバレ有りレビュー

Pocket