三国志ラボ » コミック31-60巻のあらすじと感想 »

50巻「孔明北伐行」のあらすじと感想

50巻「孔明北伐行」のあらすじと感想

スポンサード リンク

Pocket

鳳鳴山の合戦

○あらすじ
諸葛孔明が30万の大軍で攻めてきたと知り、魏は震撼する。亡き夏侯淵の息子である夏侯楙(かこうぼう、かこうも)が、父の仇を討つために20万の兵で出兵する。

○感想
夏侯楙は実戦経験がありません。戦はそれではさすがに難しいだろうと思います。このあたりは、やはり曹叡の幼さのゆえんでしょう。


窮地

夏侯楙は、3万ずつの兵で左右から趙雲軍を攻めるという戦法を取る。趙雲は鄧芝の諫めを聞かずに、敵陣に突入する。

それにしても趙雲はまさに一騎当千の勇者ですね。


時の流れ

ついに討ち死にを覚悟した趙雲だが、目の前に現れたのは張苞の一軍だった。さらに関興も現れ、彼らは敵将を打ち取っていた。

趙雲の素晴らしい戦いぶりを見てきた私にとって、さすがに衰えを見せた彼の姿は少し寂しいものがあります。しかし、年を重ねても敵を蹴散らすのですからやはり趙雲はみごとです。

スポンサード リンク


安定城落城

南安は安定と天水に通じている。孔明はある策を立てた。


謀略と策略

崔諒は降服した。孔明は彼に、南安の楊陵(ようりょう)を口説いてきてくれるように頼む。

だが、崔諒は南安に行き、逆に孔明を殺すための策略を練る。

ああ、崔諒たちも身の程知らずでした。下手に策を弄せば、かえってその策を利用されるというわけですね。私も気を付けたいと思います(笑)。


若武者姜維

孔明は天水も奪うため、安定と同じ手を使う。すなわち夏侯楙の偽の使者を遣わし、南安に向かわせるのだ。

しかし、天水には若くして天才と呼ばれる若武者、姜維(きょうい)がいた。

横山三国志で、諸葛孔明初の敗北です。


孔明敗れる

姜維は続いて、天水を攻めてくる蜀軍を返り討ちにする策を立てていた。

そうとは知らず、孔明は天水城を攻めさせる。

ここまでうろたえる孔明を見るのははじめてです。彼のファンとしては少し寂しいです。


離間の計

姜維の母は冀城(きじょう)にいる。そして魏軍の兵糧などは上ケイにある。これを聞き、孔明は策を立てた。

姜維が天水にいれば、大きな障害となります。そこで孔明は、離間の策を使います。
50巻のネタバレ有りレビュー

Pocket