三国志ラボ » コミック31-60巻のあらすじと感想 »

51巻「姜維の帰順」のあらすじと感想

51巻「姜維の帰順」のあらすじと感想

スポンサード リンク

Pocket

巣無し鳥

○あらすじ
天水に現れた姜維を見て、夏侯楙は彼が蜀に降ったことを非難する。しかし、姜維も夏侯楙が何度も自分の命を助けるために降伏しろといっていきたと反論する。

○感想
夏侯楙は、姜維が蜀に降参したとなじっていますが、そもそも自分の命を助けてもらうかわりに姜維を降参させようとしたのは自分です。


一本の矢

姜維は孔明に、一本の矢があれば天水は落とせると申し出る。それは、天水の中にいる姜維の友、イン賞と梁緒(りょうしょ)に矢文を出すというものだ。

さすが姜維、方法がスマートです。そしてイン賞たちも彼の友達だけあって、姜維の作戦だとすぐに見抜きました。


祁山(きざん)序戦

続いて蜀軍は祁山に進出した。曹真(曹操の一族)は自信がないながらも、国防総司令に任命され、20万の兵を率いる。

なにしろ相手が孔明ですから、曹真でなくても辞退したいところです。今回も孔明の策が光りますが、魏軍がかわいそうなほどです。

スポンサード リンク


西羌の鉄車隊

郭淮は曹真に、西羌国(せいきょうこく)に援軍を頼むように提案する。彼らは魏に恩義を受けているからだ。

その結果、西羌の兵25万が蜀を脅かすことになる。

25万の兵とは驚きました。このように異民族は蜀にとって脅威なので、孔明も南蛮を平定したのでしょう。

張苞と関興、馬岱の5万が敵と対峙します。西羌軍は見慣れない戦車を使っていますが、とりあえず戦ってみます。

すると、敵の戦車は鉄でできており、蜀軍は大いに苦戦します。結局蜀は半分の兵を失い、関興も行方不明に。

関興は敵の越吉元帥(えつきつげんすい)と一騎討ちになり、水に落ちてしまったのですが助かったのです。

しかしさすがの張苞たちも、敵を打ち破る方策は見つかりません。そこで、馬岱が山岳戦に持ち込んで持ちこたえる間に、張苞たちが孔明の知恵を拝借することになります。

中国では三国時代よりも前から戦車が使われていますが、おそらく木製です。今回のものは鉄ですから防御力が高く、兵も轢き殺されたりしたようです。恐るべし。


雪原の戦い

孔明は西羌軍の備えなどを見て、一計を案じる。彼は敵の鉄車は強いが、それがなければ強くないことを見抜いていたのだ。

まさに天の時と地の利を生かした孔明の兵法でした。


魏の柱石

蜀軍は急に退却し始めた。西羌に攻撃されたので戦どころではなくなったと考えた曹真は、一斉に攻撃を開始する。

しかし、魏軍の行く先には伏兵が待ち構えていた。

曹真はもはや孔明の敵ではありません。
51巻のネタバレ有りレビュー

Pocket