三国志ラボ » コミック31-60巻のあらすじと感想 »

52巻「街亭の戦い」のあらすじと感想

52巻「街亭の戦い」のあらすじと感想

スポンサード リンク

Pocket

孟達の叛意

○あらすじ
蜀の快進撃を見て、以前に関羽を見殺しにしたとして処分されそうになり、魏に降った孟達(もうたつ)は心中複雑であった。

彼は曹丕にはよく用いられたものの、曹叡には軽く扱われ、臣たちからも疑いの目で見られていた。

そこで、孟達は部下の申耽(しんたん)、申儀(しんぎ)に相談し、蜀に再び戻る考えを伝える。

○感想
うーん、孟達の気持ちもわかるのですが、蜀を捨てて魏に降った以上、しかたのないことだとも思うのです。彼は日和見主義だといわれても反論はできないでしょう。

ただ、諸葛孔明にとってはまたとない話です。


露見

孟達の叛乱が成功すれば、孟達が洛陽を攻め、孔明たちが長安を落とせる。そうなれば魏は崩壊し、蜀の天下統一がなる。

諸将は喜びの宴を開いていた。しかし、そこに司馬懿が復帰したとの知らせが入り、孔明は愕然とする。

どれだけ孔明が司馬懿という人物を評価していたかがよくわかる話です。

スポンサード リンク


孟達の最期

孟達は申儀と申耽の準備が遅いことにいらだっていた。そこへ徐晃の軍勢が押し寄せる。

叛乱が発覚したことを知った孟達は、怒りのあまり徐晃を射殺す。

孔明の考えたように、気安く申耽たちに考えを漏らしたのがまずかったです。


決戦前夜

魏は曹真に5万の兵を送り、司馬懿は20万の兵を張郃(ちょうこう)に任せた。司馬懿は孔明がどう出るかを考え、子午谷から長安へいくという最短ルートは、孔明が地理に不案内で危険があるとして採らないだろうと予測する。

そこで、司馬懿は孔明が斜谷(やこく)を通り、ビ城を取ると読む。

さすが孔明の好敵手、司馬懿です。張郃の「英雄は英雄を知るとはこのことか」という言葉が司馬懿の能力をよく表しています。


馬謖の誤算

司馬懿は街亭にすでに蜀兵が陣を敷いていると聞き、自分はとても孔明に及ばないと嘆く。だが、彼の息子たちは、敵は高山に布陣して道を遮断していないという。

諸葛孔明と蜀のファンである私としては、ああ…と嘆くばかりのエピソードです。「生兵法は大怪我の元」という言葉通りです。


絶たれた水

馬謖の軍は司馬懿軍に包囲され、水の補給ができなくなった。馬謖は援軍が来ると励ますが、効果はなく、脱走兵が増えるばかりだった。

スポンサード リンク


街亭の合戦

仕方なく馬謖は手薄なところを狙って山を降りるが、それこそ司馬懿の思うつぼであった。

ああ、馬謖がこんなことをしなければ蜀は勝てたのに、と思ってしまいます。ただ、馬謖は多くのことを私達に教訓として残してくれたともいえます。

まず、経験がないのに理論だけを知っているとうぬぼれて増長することの愚。経験があり知識もある孔明をあなどった愚。臨機応変に兵法を使えず、教科書通りに行なってしまった愚。

劉備は孔明に、馬謖は才能がありすぎるので重要な役目につけてはいけない、と言っていました。この点は劉備に人を見る目がありました。おそらく馬謖は自分に才能があることにうぬぼれて、人を見下す傾向があったのでしょう。王平の諫めを聞かなかったのもそれです。


空城計

馬謖の布陣を知った孔明は、急いで陣を変えるように使者を送るが、そのすぐ後に、街亭などが落とされたという知らせが入った。

やむなく孔明は、退却を命じる。

孔明の名言「わが蜀軍の命が、馬謖によって絶たれたわ」。馬謖を命じたのは彼ですが、ここまで愚かな真似をするとは思わなかったのでしょう。彼の悔しさを感じます。


総退却

武功山を通過する司馬懿軍だが、ここには張苞と関興の伏兵がいた。山の上から金鼓(どら)の音がしたり、旗指物が見えたことで、大軍がいると魏軍は勘違いしてしまう。

山の上の方に敵兵がたくさんいると誤解してしまえば、兵たちが混乱するのも無理はありません。
52巻のネタバレ有りレビュー

Pocket