三国志ラボ » コミック31-60巻のネタバレ有り感想 »

44巻のネタバレ有りレビュー

44巻のネタバレ有りレビュー

スポンサード リンク

Pocket

味方の敗戦を知り、甘寧も病気をおして出撃します。しかし敵の矢を受け、さすがの彼も逃げます。

部下と逃げ延びた甘寧は、関羽を殺したのはまずかったと言い、呉と蜀が争うなかで魏がどうでてくるかを心配します。

そして、「多くの武将達が死んでいくのであろうなア」とつぶやいて、死んだのでした。この甘寧の死ぬ場面はとても印象的です。

最後まで国の行く末を心配していたのですね。そして、今後も戦争で多くの命が失われることも。


潘璋死す

関興が宿を頼んだ民家には、関羽がまつってありました。ここの主人が関羽を尊敬していたからです。

そこへ、なんと潘璋も道に迷って訪ねてきます。関興は潘璋に対決を挑み、見事彼の首をとりました。

そして帰る途中、関興は潘璋の部下に見つかります。そこに張苞たちが訪れます。張苞は関興が仇を討ったことを知り、自分も早く敵討ちをしたいと語ります。

糜芳と傅士仁は、指揮官の寝首をかいて手土産とし、蜀に戻ってきます。しかし、関羽を裏切ったこの二人を劉備は許しません。

そこで、劉備は二人を関興に引渡し、関興は彼らを殺します。たしかに、関興の言うようにこの二人が降服してなければ、関羽は死なずにすんだかもしれません。関羽が彼らの城に入れば、戦うかそうでなくても援軍が来るまでの時間は稼げたでしょう。

こうなると、悔しいのはまだ仇に会えぬ張苞です。しかし、呉では蜀の快進撃に圧倒され、呉は滅びると考えるものも。そこで、孫権は張飛を殺した范疆(はんきょう)と張達を蜀に送り、張飛の首を返し、孫夫人も蜀に返すことにします。

このとき、まだ孫夫人は劉備のことを愛していたんでしょうか。私にはわかりません。

こうして届いた張飛の首を見て、劉備は泣きます。そして、范疆たちを張苞に渡し、張苞は敵討ちを果たしたのです。范疆たちも、張飛の扱いがひどいとはいえ、殺されはしないでしょうから張飛の行為を成都に訴えるくらいでよかったかもしれません。

馬良は敵討ちを終えた今、呉と結んで兵を引き揚げるように進言しますが、劉備は聞きません。劉備は戦のない世を作るのが究極の願いだとして呉と結ぶ気はないようです。

しかし、そのためにはまずは馬良の言うように魏を討つべきでしょう。それが願いをかなえる近道です。やはり劉備は、このときでも感情に動かされていたと思います。

あるいは、勝ちが続いていたこともあるでしょう。しかし、連戦連勝がよいわけではない、と孫子も説いています。

馬良の名言「戦は勝ちすぎてはならぬ。勝ちすぎると恨みが残る。ほどほどに勝って従わせるのが最上なのだが」。

もともとこの戦いは蜀にとっては遠征軍。遠征は長期戦になれば苦しくなります。結果論ですが、劉備が戦いを長引かせたのは失敗でした。

スポンサード リンク


陸遜

陸遜は諸将に打って出てはならない、ひたすら守れと厳命します。陸遜は酷暑という天の時を利用しようと思っていました。

この暑さでは劉備軍は渇き、暑さを避けて山林の陰に入るであろう、そのときが勝負だと考えたのです。

一方、さすがに馬良は陸遜という人物をよく見抜いていました。しかし、劉備は諫言を聞きません。はっきりいってバカ殿です。

蜀軍が退いたのをみて、韓当は追撃を進言しますが、陸遜は敵に伏兵有りと見ぬいて許しません。韓当の名言「なるほど大都督は理論派でございますな!」。皮肉が聞いています。しかし諸将の不満に左右されなかった陸遜はえらいです。感情に動かされている玄徳とは大きな違いです。


夷陵の戦い

曹丕は、陸に40数箇所の陣屋を結び、また数百里の水路を進んだ劉備軍について、八百里もの長い陣形になっており、75万の大軍もきわめて薄い布陣になっていると指摘します。

このあたり、やはり曹操の息子です。そして、蜀が負けて、呉が勢いに乗って蜀を攻めたときこそ、魏の天下統一がなると考えます。

やはり趙雲たちが指摘したとおりでしたね。なぜ劉備は魏がよろこぶことをしたのか…。魏こそ蜀の敵ではなかったのか。

諸葛孔明も、馬良の報告を受けて愕然とします。そして、劉備のやりかたについて、第一に水軍で攻め降るのはさかのぼって退却するのがむずかしい。第二に草原を包んで陣屋を構えている。第三に陣線が伸びて重厚さがなくなったと指摘します。

なにしろ劉備がいちいち孔明に相談する必要などないと考えていたのですから仕方がありません。

第一の点は、敵に火計をされるからです。第二の点は、たしかに長江をさかのぼって退却するのは非常に動きが遅くなりますし、速く攻め下ったために陣形が伸びてしまったのです。

おまけに蜀軍は魏と同じで水軍には慣れていないはず。

そして、第三の点は、陣が伸びきったことで、75万という大軍の利点がなくなりました。どこから横っ腹を突いても攻めやすくなります。もちろん賢い将なら玄徳の本陣を狙うでしょう。

この夷陵の戦いでの劉備の戦いは非常にまずいものでした。

陸遜は雨が降らずに地面や草木が乾燥し、風も東南になるのを待っていました。そしていよいよ、朱然には江北の敵に火計をさせ、韓当には江北への上陸を命じます。

周泰には江南の岸を攻めさせるなど、的確な命令を出します。

スポンサード リンク


甚大な損害

劉備も強風と知って、赤壁の戦いを思い出さなかったのでしょうか。火が上がったのを失火と考えていた彼ですが、いたるところに火が出たのをみて、さすがに退却します。

その先の陣も焼き払われており、劉備は白帝城に向かいます。しかしそこには丁奉がいました。

張苞と合流し、山の上から見た光景は、いたるところに火が上がっていました。ようやく劉備は陸遜の壮大な火計を知ります。

逃げた先でも敵兵がおり、さすがに劉備も「いさぎよくここで死のう」と決意します。この決意は立派です。

しかし、そこに孔明の命を受けた趙雲が駆けつけ、命からがら白帝城に逃げ込みます。

蜀軍の各陣営は800里という長さに伸びてしまったため、他の陣営との連絡を絶たれ、甚大な被害が出てしまいます。

はっきり言えば、感情に動かされた劉備が、自らが戦上手でないのを忘れて勝ち戦に慢心したために、非合理的な兵の進め方をして、陸遜の火計にやられたのです。

これまで関羽や趙雲、孔明などが力をあわせて築いてきた国力を、一気に低下させてしまいました。劉備は自らが死なせた多くの将兵にどうやってわびるのでしょうか。私は劉備のこの敗戦をとうてい許せません。

勝敗は兵家の常ですが、いくつもしてはならないことをした上での敗戦。すべて劉備の責任です。

思うに、75万もの大軍を動かせば、途中の勝利で兵糧などを得られたとしても、補給に困ったはずです。また、夏の暑さでは水などにも困ったでしょう。

そのため、劉備も決着を急いでしまったのかもしれません。しかし、こんなことは出陣する前からわかったことです。馬良が諌めたときに退却すべきでした。

しかし陸には陸遜の堅い守りがあるので、慣れない船で急いで東南に長江を下らせたのでしょう。

やはり、関羽の敵を取るということに感情的になった劉備に全責任があると言わざるを得ません。


孔明の罠

物見の報告によって、魚腹浦にはただ石が積み上げられているだけとわかった陸遜は、ここを見にいきます。こんなものを恐れたのかと思う陸遜。

ただ、出ようと思っても出られません。迷路になっていたのです。186ページ、疲れはてた陸遜がかわいいです。

困った陸遜たちですが、そこへ孔明のしゅうとである黄承彦の友人が現れ、出口へ案内してくれます。

そしてその後には海水が流れこんできました。陸遜たちは危うく死ぬところでした。

おそらくこの時代には、人工の迷路などほとんどなかったはずです。まずはただの石かと陸遜を油断させ、ついでに見てまわろうとした陸遜を迷路で迷わせ、出られなくなったところで海水が入ってくる、というみごとな仕掛けです。

陸遜はこの仕掛に驚き、これほどの備えがあるなら蜀本国の守りも固めている、と考えます。

そして、魏も呉を狙うはずだと考えて速やかに退却します。この判断は素晴らしいです。想像通り、魏は曹丕自ら攻めこんできました。

198ページの陸遜の名ゼリフ「戦国の世にそのような約束がどれほど信じられる。弱きは滅ぶ。それが戦国の掟だ」。

205ページ、曹植の詩の題となった牛の絵がきちんと飾ってあります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)