ホームへ

コミック1-30巻のネタバレ有り感想

20巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

江夏の乱で趙雲が戦利品として劉備に献上したのが、頭に白い模様があり、四足が白いという珍しい馬でした。

(さらに…)
Pocket

19巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

張飛は、関羽が曹操に仕えたことで、劉備を裏切ったと勘違いしたのです。劉備の奥方のいうことも聞きません。

(さらに…)
Pocket

18巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

曹操の狙いは、荷駄隊を撒き餌にすることでした。先頭の荷駄隊を軽く倒した文醜軍は勢いに乗ってどんどん攻撃を続けます。

(さらに…)
Pocket

17巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

激昂した曹操は、董承の家の家探しもして、血判状を発見します。

(さらに…)
Pocket

16巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

曹操は劉備の危険さを知り、劉備を暗殺するように車胄(しゃちゅう)に命じます。

(さらに…)
Pocket

15巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

狩猟のとき、曹操は帝の弓矢を奪って獲物を仕留め、それは帝でなく自分の獲物だと言います。

(さらに…)
Pocket

14巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

壮絶な同士討ちを演じてしまった呂布。陳登の計にはまって財宝などを他の城に移してしまったことも災いしました。

(さらに…)
Pocket

13巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

張繍の軍師であるカクは、曹操が城壁の弱い東門を狙っていることを見抜いていました。

(さらに…)
Pocket

12巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

呂布も将軍の地位はもらっておきながら、曹操は逆賊だとして許昌を攻めることもできたでしょう。ただ、どうせ彼のことですから、曹操に奪い返されたとは思いますが。

(さらに…)
Pocket

11巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

太史慈のいうようにしていれば、確かに孫策を捕えていたでしょう。そうすれば、果たして後の呉があったかどうかもわかりません。

(さらに…)
Pocket

2 / 3123

スポンサード リンク