ホームへ

コミック31-60巻のネタバレ有り感想

40巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

徐晃が活躍していると喜んだ曹操ですが、これも計略でした。気づいた時には魏軍は陽平関から離れており、その隙に陽平関を落とされたのです。

(さらに…)
Pocket

39巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

夏侯尚の部隊が攻めてきたので、黄忠の部下である陳式も出撃します。しかし、敵の戦意のなさに気づいた黄忠は、計略があるのではと加勢します。

(さらに…)
Pocket

38巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

突入してきた兵士の矢にあたった王必ですが、死んだふりをして逃げます。友の金イの家で手当してもらおうと思いましたが、彼の妻の言葉を聞いて、首謀者が金イであったことを王必は知ります。

(さらに…)
Pocket

37巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

諸葛孔明は、以前に渡すといった荊州の長沙など3州を、約束通り呉に返す代わりに、呉に魏を攻めてもらいたいという策を考えます。

(さらに…)
Pocket

36巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

孔明は諸葛瑾を使った張昭の策を見抜いていました。そこで、荊州のうち3州を返すと返事します。それなら諸葛瑾の面目も立つというわけです。

(さらに…)
Pocket

35巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

張飛は、厳顔のおかげでスムーズにここまで来ることができたのです。劉備たちは、苦戦する黄忠たちとフ城に戻ります。

(さらに…)
Pocket

34巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

楊懐たちの企みを、もちろん龐統は見抜いていました。劉備の陣で酒宴に招かれた楊懐たちは剣を預けますが、懐に短剣を忍ばせていたのです。

(さらに…)
Pocket

33巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

張松は劉備にも会いますが、劉備は城門の外にまで出て彼を出迎えます。このあたりにも、打算なく人物を愛する劉備のよさが出ています。

(さらに…)
Pocket

32巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

夢梅(むばい)と名乗る老人は、曹操に面会し、築城の方法を教えます。それは、土砂で作った城に水をかけて、寒さで凍らせるという意外なものでした。

(さらに…)
Pocket

31巻のネタバレ有りレビュー

Pocket

曹操は、馬騰と義兄弟である韓遂(かんすい)に、馬超を殺せば太守に任ずるという手紙を出していました。

(さらに…)
Pocket

3 / 3123

スポンサード リンク